旭川で不妊治療は、人工授精、体外授精、顕微授精を行う「みずうち産科婦人科」まで

みずうち産科婦人科

ご予約・お問い合わせ
0166-31-6713
所在地〒078-8234 旭川市豊岡4条3丁目2-5
アクセス旭川駅から車で10分 / 旭川四条駅から車で5分

助成金について

助成金について

旭川市特定不妊治療および
男性不妊治療費助成の御案内(旭川市のホームページからの抜粋です)
対象となる方
「特定不妊治療」および「特定不妊治療の一環として行った男性不妊治療」を受けた方で、次の1-3のすべてに該当する方
  • 申請日に夫婦またはどちらかの住民票が旭川市にある方
  • 原則、治療開始日に法律上の婚姻をしている夫婦(事実婚の方も認知の意向がある場合は対象となります。)
対象となる治療
特定不妊治療費助成
  • ・体外受精及び顕微授精が対象となります。医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中止した場合についても、卵胞が発育しない等により卵子採取以前に中止した場合を除き、助成となります。
  • ・夫婦以外の第三者から提供された精子・卵子・胚による不妊治療、代理母、借り腹による治療は対象になりません。
  • ・入院室料や食事代など治療に直接関係ない費用、医療保険適応費用は含まれません。
治療区分と内容
治療区分 治療内容
A 新鮮胚移植を実施
B 凍結胚移植を実施(受精卵を一旦凍結し、母体の調整後胚移植)
C 以前凍結した胚を解凍して胚移植を実施
D (採卵後)体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
E 受精できず(胚の分割停止などにより中止)
F 採卵したが卵が得られない、または状態のよい卵が得られないため中止
年齢と助成回数
治療を開始した年齢に応じて助成回数が異なります。(※3)
治療開始時の妻の年齢(※1) 助成回数
39歳以下 42歳までに(※2) 通算3回まで助成
40歳以上42歳以下 42歳までに(※2)通算3回まで助成
43歳以上 助成対象外
※1. 年齢は妻の年齢。誕生日に1歳増えます。
※2. 42歳が治療開始日の場合、治療終了日が43歳であっても助成対象となります。
※3. 第2子以降の助成は、1子ごとに治療を受けた際の開始時年齢で助成回数が決定されます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う年齢要件について
令和3年度の経過措置として、以下の対象者について年齢要件の緩和が適用されます。
令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦で、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期した方
治療開始時の妻の年齢が44歳になるまでに受けた治療については、助成の対象となります。
令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳で、かつ令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、初めて助成を受ける妻の治療開始日の年齢が40歳の方
治療開始時の妻の年齢が41歳になるまでに受けた治療については、1子につき通算6回までの助成の対象となります。
注意点
  • ・令和3年3月31日時点で妻の年齢が42歳または39歳の夫婦については、要件緩和の対象となりません。
  • ・治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦、またはご夫婦の前年所得の合計が730万円未満であることが助成要件となります。

申請に必要な書類

書類請求の際は、窓口に来られる方の本人確認書類が必要です。
各書類で必要なものが異なりますので各担当課までお問い合わせください。
なお、代理人の方が申請する場合は、委任状が必要です。

旭川市特定不妊治療費補助金申請書
・内指定医療機関及び申請窓口に設置しています。(市のホームページでも様式をダウンロードできます。)
・申請金額は受診等証明書の金額と異なる場合がありますので、空欄のまま申請窓口にお持ちください。

旭川市特定不妊治療費補助に係る受診等証明書(特定不妊治療を実施した指定医療機関で発行)
対象となる治療費の領収書及び診療明細
・受診等証明書に記載された治療期間内のもの。医師からの指示の下、他の医療機関で行った治療を含みます。
・確定申告(医療費控除)をされる方は、確定申告前に特定不妊治療費助成の申請をしてください。

振込口座の通帳
・支店番号を確認するため、通帳(コピー不可)を持参してください。

印鑑(通帳印でなくても可、シャチハタ不可)
住民票(夫または妻が市内に居住していることを確認するための書類)
・発行日から3か月以内のもので、個人番号(マイナンバー)の記載のないもの。
・夫婦同一世帯の場合、「世帯全員のもの」で「続柄記載」のものを提出してください。
・夫婦同一世帯ではない場合、必要書類が異なるのでお問い合わせください。
・市民課(総合庁舎1階)または第二庁舎1階、各支所で発行。市民課(電話25-6204)にお問い合わせください。
※2回目以降の申請で、前回提出した住民票が3か月以内で変更のない場合は省略可能です。

戸籍謄本(治療開始日に婚姻関係にあることを確認するための書類)
・発行日から3か月以内のもの。
・1子ごとに初めて申請する際に提出が必要です。

申請の流れと申請期限

1回の治療終了日から60日以内の申請が必要です。
(60日以内に申請できない場合は、必ず期限内にお問い合わせが必要です)
治療終了
申請受付
60日以内
審査
約2か月
決定通知
振込
約1週間
※特別な事情が認められる場合を除く
  • 申請窓口
    ※郵送申請も可能です
    旭川市 子育て支援部 子育て支援課 3番窓口
    (5階エレベーターを降り、左手つきあたり)
    【住所】旭川市7条通10丁目 第二庁舎5階
    【受付時間】8:45〜17:15

  • 問い合わせ先
    〒070-8525 旭川市7条通10丁目第二庁舎
    子育て支援部 母子保健課
    【電話】(0166)26-1111(内線2967、2968)
    【受付時間】8:45〜17:15

ページトップ
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com